HOME > 取扱分野 > 交通事故問題

交通事故問題

交通事故のトラブル

交通事故に遭われた被害者はご自身で、事故の相手側(保険会社)と交渉して、示談金を受けている方が多いですが、保険会社が示してきた示談を簡単に受け入れてはいけません。十分に納得した上で示談に応じましょう。
じつは、簡単に保険会社からの示談を受け入れると本来、受け取れる金額を十分に受け取れていない場合がございます。
弁護士の示談交渉で示談金は増額する場合があります!
交通事故のトラブルは法律の専門家の弁護士に相談しましょう!

示談

示談とは、裁判をせずに当事者の双方(被害者と加害者)が話し合いで解決することをいいます。つまり民事上の和解ということです。
事故の責任、損害賠償や慰謝料について、取り決めを行い、示談書を作成します。
示談成立後、交通事故による後遺症が発生した場合、示談成立時に後遺症も含めて成立したことが明らかな場合、以外に後遺症の分を別途請求できるとするのが判例の立場です。

示談が 成立しない場合

損害賠償